GIS高度利用ワークショップ 2018 3DGIS × BigData × CIM 平成30年5月25日(金)10:00~18:00

ICT設計・施工管理に3DCADが利用されつつありますが、維持管理フェーズまでを見据えての広域・マルチソース3Dモデルの活用に向け、3DGISが大いに期待されています。

「3DGISはどのような役割を担うのか」 「データのリアルタイム処理分析には時空間ビッグデータ技術をどう活かすのか」 など、先端技術のトピックを大いに盛り込んだ「GIS 高度利用ワークショップ」を開催いたします。

世の中のデータの8割は、空間位置情報をもつといわれています。
異業界・業種の方も、気になるトピックがありましたらお気軽にご参加ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催日時 平成30年5月25日(金)10時~18時

会場 東京都港区芝5-31-19 ラウンドクロス田町4階 ビジョンセンター田町

アクセス JR山手線・京浜東北線「田町駅(三田口)」 徒歩2分
都営浅草線・三田線「三田駅(A3出口)」 徒歩1分

主催 一般社団法人CIM解決研究会、日本スーパーマップ株式会社

後援 一般社団法人地理情報システム学会

プログラム

特別講演 10:10-11:00 「地盤データベースとGIS高度利用」

ジャパンホームシールド株式会社 改善推進室 室長 小尾 英彰 氏

 

特別講演 11:00-11:50 「3DGISと時空間ビッグデータの研究開発」

SuperMap研究院長 教授級高級工程師 李 紹俊 氏

 

基調講演 13:00-14:00 「BIM/CIMにおける3DGIS、IoTの役割と展望」

宮城大学 事業構想学群価値創造デザイン学類教授 蒔苗 耕司 氏   (国土交通省CIM導入推進委員会委員/公益社団法人土木学会土木情報学委員会副委員長)

 

基調講演 14:00-15:00 「IoT/AIと時空間ビッグデータのいまと将来」

SuperMapグループ総裁 教授級高級工程師 宋 関福 氏

 

特別講演 15:10-16:00 「利用現場から見たi-Construction時代の道路GIS」

公益社団法人山梨県建設技術センター 業務部企画管理課課長代理 望月 吉也 氏

 

新サービス紹介 16:00-16:30 「維持管理のためのCIMクラウド」

一般社団法人CIM解決研究会 /日本スーパーマップ株式会社

 

技術討論 16:30-17:50  GIS高度利用技術討論 ―パネルディスカッション―

《進行役》 慶応義塾大学 大学院教授 厳 網林 氏 (一般社団法人地理情報システム学会理事 IoT×GIS分科会代表)

下記URLからも詳細ご確認頂けます。

https://supermap.jp/topics2/2018/20180406.html

参加申込みについて
《メールで申込み》
gisws@supermap.jp まで、下記事項をメールにてご送信ください。

氏名(フリガナ)
所属・法人名
部署名
TEL/FAX(*)
メールアドレス(*)
懇親会の参加/不参加 (参加または不参加とご記載下さい)
その他ご連絡事項があればご記載下さい。
* ご連絡先のTEL/FAXまたはメールアドレスはいずれかでも結構です。

《FaceBookで申込み》
FaceBookのイベントページより参加表明をお願い致します。
https://www.facebook.com/events/1807254639576742/

※FaceBookからは、ワークショップ参加のみの受付となります。 懇親会参加希望の場合は、メールまたはFAXを頂けますようお願い致します。

《FAXで申込み》
上記《メールで申込み》の項目をご記載いただき、下記までご送信ください。
GIS高度利用ワークショップ2018事務局 (日本スーパーマップ(株)内)
FAX:03-5419-7910