第40回勉強会 平成30年8月22日(水)14:00〜17:00

1)『I-CONに活用できる、バームステーションと3Dスキャニングデータの事例紹介

講師 クモノスコーポレーション㈱ 代表取締役 中庭和秀様

【講演内容】

I-CON、インフラ管理に活用されている同心円レチクルを内蔵したトータルステーション「バームステーション」について、
既製杭の基礎杭施工の管理方法を数値管理する事例とインフラ設備の維持管理の事例を紹介。
つづいて、2000年より導入し1000件以上の実績をもち、当社が得意とする3Dレーザースキャナー計測のデータ活用と事例の紹介を予定しています。

【講師紹介】

阪神淡路大震災の復興支援のため起業。
1998年、日本で初めて、測量に使える3Dスキャナーの開発に取り組む。
「造る測量から守る測量」、「測れないものを測る」をモットーに、ひび割れ計測システム「KUMONOS」や「Buum Station」を開発。
5回ものづくり日本大賞 優秀賞、文部科学省科学技術賞、国土技術開発賞、土木学会技術開発賞を受賞。
国内外に多数の特許や意匠を取得し大阪府発明功労者にも表彰される。
2018年、
「地域未来牽引企業」に選定。

 

2)『Fuzor2018と土木関連の事例ご紹介』

講師 レッドスタックジャパン㈱ アプリケーションエンジニア 小宮山涼介様

 

3)『現場の3次元化事例等』 CIM解決研究会 福士幹雄、齊藤学一

定員 60名(先着順)

なお17:00以降、懇親会を予定しております。